0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ホーム > 高機能型低圧アルミ導体CVケーブル(らくらくCVT)

高機能型低圧アルミ導体CVケーブル(らくらくCVT)

高機能型低圧アルミ導体CVケーブル「らくらくCVT」は導体を銅からアルミにすることで運搬、布設等作業者への負担軽減を実現しました。

らくらくCSVとは【準拠規格】

らくらくCVTは、従来の銅導体CVケーブルと同等の性能を持たせるため、下記に示す規格に基づき設計し製造しています。
主たる準拠規格はJCS 4348となりますが、導体以外の材料の特性、完成品の試験方法は JIS C3605「600Vポリエチレンケーブル」の規格内容に準拠しています。JIS C3605は銅導体製品のみが規定されており、アルミ導体に関する規定はありません。

規格No 準拠規格名 適用範囲
JIS C3605 600Vポリエチレンケーブル 600V 銅導体CVケーブル
JCS 4348 600V アルミ導体架橋ポリエチレンケーブル 600V アルミ導体CVケーブル

特長1

30~50%の軽量化実現により、搬入作業・布設作業時の負担が軽減し、安全性も向上します。

30~50%の軽量化実現により、搬入作業・布設作業時の負担が軽減し、安全性も向上します。

特長2

絶縁剥ぎ取りに必要な力は銅と比べて1/2(常温時)、低温環境でも変わらない口剥ぎ性です。

絶縁剥ぎ取りに必要な力は銅と比べて1/2(常温時)、低温環境でも変わらない口剥ぎ性です。

特長3

今までの1/3の力でケーブルを扱えるため、取り回しやすさが格段に向上しています。

今までの1/3の力でケーブルを扱えるため、取り回しやすさが格段に向上しています。

ケーブル仕様比較

銅導体ケーブル(600V CVT) アルミ導体ケーブル(600V AL-CVT)
公称 ケーブル 概算質量 ※許容電流 公称 ケーブル 概算質量 ※許容電流
断面積 外径 気中暗渠 断面積 外径 気中暗渠
m㎡ 約mm kg/km A m㎡ 約mm kg/km A
22 24 880 110 38 28 665 120
38 28 1380 155 60 33 960 160
60 33 2100 210 100 41 1480 225
100 41 3380 290 150 47 2020 295
150 47 4860 380 200 55 2700 365
250 60 3250 420
200 55 6510 465 325 66 4050 500
250 60 7990 535 400 72 4840 575
※JCS 0168-2:2016準拠(1回線の場合、基底温度40℃、導体最高許容温度90℃)

通電容量を合わせるために、銅導体ケーブルより1サイズ大きいサイズを選定してください。

ケーブル断面略図

ケーブル断面略図

各種盤への配線作業手順

①ケーブル皮剥ぎ ⇒ ②導体ブラッシング ⇒ ③端子挿入 ⇒ ④端子圧縮接続 ⇒ ⑤圧縮完了 ⇒ ⑥防水処理(自己融着テープ巻) ⇒ ⑦端子台への配線 ⇒ ⑧作業完了

各種盤への配線作業手順

アルミケーブル特有の端末処理作業②③⑥
②正常な電気性能確保:導体表面の酸化被膜を除去するため、ワイヤーブラシ等でブラッシング作業が必要です。
③電食防止:端子内部への水分の侵入を防ぐため、導体へのコンパウンド塗布が必要です(※電子には、予めコンパウンドが充填されています)。
⑥電食防止:導体及び端子内部への水分の侵入を防ぐため、自己粘着テーブ巻き処理が必要です。

注意事項

アルミケーブルには、アルミ専用端子が必要です。

アルミ導体には、銅導体用端子などの汎用部品を使うことはできません。
誤って使用した場合は、発熱する恐れがある為、必ずアルミケーブル専用端子を使用してください。
現在、アルミケーブル専用端子を開発中です。
具体的な作業方法等につきましては別途お問い合わせください。

通電容量を合わせるために、目安として銅導体ケーブルよりも1サイズおおきいサイズを選定してください。

アルミ導体の導電率は銅導体の約60%なので、銅導体ケーブルと通電容量を合わせるには、アルミ導体ケーブルのサイズは、導体ケーブルよりも1サイズ大きいサイズを選定してください。

※サイズアップが必要でないケースもありますので、必要な電流に対して許容電流を確認して選定してください
※銅導体ケーブル150mm2以上は2サイズ大きいサイズを選定

ケーブルを引き込む際の張力は39N(4kgf/mm2)×導体公称断面積を超えないようにご注意ください。

アルミ導体ケーブルの許容張力は、銅導体ケーブルの69N(7kgf/mm2)×導体公称断面よりも小さくなっています。
同導体ケーブルの許容張力と間違えないようにしてください。

カテゴリ一覧

ページトップへ